マーベル

アベンジャーズ映画の見る順番は?時系列順やおすすめを徹底解説!【マーベル】

アベンジャーズ作品は数が多い…最初から見るならどの順番で見ればいいの?

見たいけど時間がない…全部は見れないから、最低限見るべき作品が知りたい!

この記事は上記のような「アベンジャーズ作品を見たいけど、どこから手をつけていいか分からない!」というお悩みに応えるべく、アベンジャーズ作品をまとめました。

アベンジャーズ 作品は単体でも十分楽しめますが、シリーズ作品を1から順番にみることで更に作品を楽しむことができます。

 

目次

アベンジャーズとは?基本知識をおさらい!

スポーツキッズ
スポーツキッズ
アベンジャーズってそもそもなんだっけ、、
ゆるこ
ゆるこ
簡単におさらいしたいわね

この章ではまず、アベンジャーズ について簡単におさらいをしていきます。

アベンジャーズはMCUという同じ世界で展開されるストーリー!

 

『アイアンマン』や『スパイダーマン』、『キャプテン・アメリカ』『ドクター・ストレンジ』といったスーパーヒーロー映画を聞いたことはありませんか?

上記の作品は各スーパーヒーローが単独で活躍しますが、これらは全て同じ世界で起きた出来事とされています。

 

『アベンジャーズ』シリーズは各スーパーヒーローが集結し、1つの物語を展開していきます。

これらのシリーズ・プロジェクトのことを、まとめて『MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)』といいます。

フェーズってなに?

『MCU』シリーズは、フェーズ(章)によって分かれます。

フェーズとは、日本語で「段階」「局面」という意味を表します。

 

MCUでは、『アベンジャーズ』シリーズを各フェーズの最終段階としています。同じフェーズ内の各スーパーヒーローの単体映画を見た後に、『アベンジャーズ』シリーズを見るのが基本的な視聴順です。同じフェーズ内の作品同士がストーリー内で関わってきたり、後に続くフェーズへの伏線が散りばめられています。

 

アベンジャーズ 順番:スーパーヒーロー、ここに誕生!

フェーズ1順番:アイアンマン(2008年)

 

全ての始まりであるMCU作品の原点、そしてアベンジャーズ計画を始動させた張本人です。

 

あらすじ

巨大軍事企業の社長であるトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は、アフガニスタンで自社ミサイルのデモ実験に参加した際、テロ組織に襲われ拉致されてしまう。トニーは大怪我を負うが、同じく捕らえられていたインセン博士(ショーン・トーブ)に助けられ、一命を取り留める。二人は兵器の開発を強いられるが、トニーの天才的な発明で、脱出に使える最強のパワースーツを作り出す。そして、無事に帰還したトニーは、自社兵器がテロ組織に使われていたことを受け、製造を中止し、テロ撲滅に命を捧げることを決断する。しかし、彼の近くに社長の座を狙う者がいて……。

 

本作はアメリカをはじめ、各国で大ヒットしました。制作当時に不安要素として挙げられた、トニー・スターク演じるロバート・ダウニー・Jrの演技が賞賛されました。これをきっかけに、MCUではすでに有名な俳優を主役に抜擢するのではなく、新たなスターを主役に抜擢する方向性が決まりました。

フェーズ1順番:インクレディブルハルク(2008年)

 

MCUの第2作品目となる映画です。

 

あらすじ

実験により、興奮すると緑の巨人ハルクへと変貌してしまう若き科学者ブルースは、その実験を主導していた軍の手を逃れつつ治療方法を探していた。軍は特殊部隊を編成し彼を追っていたが、その一人が志願しブルースと同じ力を与えられる。しかしその兵士は力に溺れ暴走を始めてしまう。

 

今作の主人公であるブルース・バナー役を演じるエドワード・ノートンは、『アベンジャーズ』にも参加予定でした。しかし、作品の脚本が原因で降板します。

その後ブルース・バナー役を受け継いだのがマーク・ラファロです。

今ではマーク・ラファロがハルクに定着していますが、そういった経緯があるからか他作品とのつながりは薄いです。

フェーズ1順番:アイアンマン2(2010年)

 

前作である『アイアンマン』が大ヒットし制作されました。

 

あらすじ

会見で自分が“アイアンマン”であると公表したトニー・スタークは、自らテロ組織と戦い平和を守っていた。しかし、そのアイアンマンのスーツが武器であると主張する政府と対立してしまう。政府にスーツの提出を求められるが、トニーはその要求を拒否するのであった。また、彼を恨み復讐することにすべてを賭けた物理学者イワン(ミッキー・ローク)が、自作のスーツでトニーを襲いにやってくる……。そして、スターク・インダストリーのライバル会社であるハマー・インダストリーの社長ハマー(サム・ロックウェル)は、イワンと手を組みトニーを陥れようと考える。

 

後に『アイアンマン3』も製作され、計3部作となります。監督のジョン・ファヴァローによると、『アイアンマン』製作当初から3部作の構想があったとのことです。

 

また、アイアンマンの敵役としてミッキー・ロークやサム・ロックウェルなど豪華キャストが出演します。

さらに、スカーレット・ヨハンソン演じるブラック・ウィドウも本作から出演し、今後のMCUに繋がる伏線も貼っている作品です。

 

キャッチコピーは「ヒーローになった男、トニー・スターク。次なる試練。」

フェーズ1順番:マイティーソー(2011年)

 

3人目のスーパーヒーローであるマイティーソーが初登場する作品です。

 

あらすじ

この世にヒーローは無数にいても…神のヒーローはただ一人。神の世界””アスガルド””から追放された傲慢な戦士ソー。地球に送られたソーは失った力を取り戻そうとするが、地球征服を企む敵がソーを葬ろうと闇の軍勢を送り込んでくる。堕ちた雷神ソーは強敵と戦うために立ち上がり、真のヒーローとしての力に目覚めていく。

 

主人公ソー役のクリス・ヘムズワース、ロキ役のトム・ヒドルストンはハリウッドの駆け出し俳優でしたが、今作で大ヒットしました。

 

キャッチコピーは「神失格の男(ヒーロー) ”二つの世界”の運命は彼の手に」

フェーズ1順番:キャプテンアメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(2011年)

 

マーベル・コミックを代表するスーパーヒーローでしたが、ついにMCUの映画作品に仲間入りしました。

 

あらすじ

第2次世界大戦中の1942年、スティーブ(クリス・エヴァンス)は、各地に進攻するドイツのヒドラ党と戦うことを望んでいた。もともと病弱な彼は入隊を何度も却下されていたが、ある日、軍が秘密裏に行う「スーパーソルジャー計画」という実験に参加することになる。その実験の被験者第1号に選ばれた彼は、強じんな肉体を持つ「キャプテン・アメリカ」へと変ぼうを遂げる。

 

『遠い空の向こうに』や『ジュラシック・パークⅢ』の監督であるジョー・ジョンストンが手掛けています。。MCUとしての次作である『アベンジャーズ』の監督ジョス・ウェドンも脚本に参加しています。

 

キャッチコピーは「なぜ彼は、世界最初のヒーローと呼ばれたのかー。」

フェーズ1順番:アベンジャーズ (2012年)

 

上記のスーパーヒーローがいよいよ集結します!

マーベル・コミックでしか描かれなかったスーパーヒーロー軍団が、初めて実写映画となり世界中で大ヒットしました。

 

あらすじ

人知を超えた悪によってひそかに進められる地球壊滅の陰謀。それを食い止めるべく、大富豪で天才発明家アイアンマン、神々の国から地球ヘと追放された雷神ソー、感情の爆発によって容姿を激変させる科学者ハルクなどを集めた部隊アベンジャーズが結成される。しかし、各々が抱えているつらい過去や苦悩が浮き上がっては衝突し合うようになり、人類史上最大の危機に立ち向かうチームとしての機能が消失しかけていた。

 

今作はニューヨーク決戦と呼ばれ、後のMCU作品に大きな影響を与えます。

また、圧倒的なCGクオリティとスケールの違いを見せつけ、本物の映画を魅せてくれる作品です。それを物語っているのが、本作のキャッチコピーです。

 

「日本よ、これが映画だ。」

アベンジャーズ 順番:フェーズ2

フェーズ2順番:アイアンマン3(2013年)

 

3部作であるアイアンマンがついに完結します。

 

あらすじ

アイアンマン、ソー、キャプテン・アメリカ、ハルクなど、最強の力を持つヒーローたちが集結し、間一髪で人類滅亡の危機を回避した“アベンジャーズ”――この強烈な戦いによって、トニー・スタークを取り巻く環境は大きく変ってしまった…。

 

アイアンマンは安定のかっこよさがあります。最終決戦のシーンは誰が見ても心が熱くなるでしょう。

 

アイアンマンシリーズは完結しましたが、トニー・スタークはアイアンマン3以降もアベンジャーズ に登場します。

 

キャッチコピーは「さらば、アイアンマン」

フェーズ2順番:マイティ・ソー/ダークワールド(2013年)

 

マイティ・ソーシリーズの2作目です。

 

あらすじ

アベンジャーズの一員として、ソーがニューヨークで激闘を繰り広げてから1年。ロンドンで謎の重力異常が起き、その調査を天文物理学者ジェーンが行うことに。しかし、その過程で地球の存亡を左右するダークエルフのパワーを宿してしまう。愛する彼女を救うすべを探ろうと、ソーは彼女を連れて神々の世界アスガルドへと向かうが、それが家族や故郷にも危機をもたらしてしまう。窮地に陥った彼は、血のつながらない弟ロキに助けを求める。

 

宿敵であるロキとの共闘などが今作の見どころです。

 

キャッチコピーは「ロキよ お前の最後のチャンスだ 私と共に、地球を救え」

フェーズ2順番:キャプテン・アメリカ/ウィンターソルジャー(2014年)

 

サスペンス要素があるキャプテン・アメリカシリーズの2作目です。

 

あらすじ

アベンジャーズのメンバーとして戦ってから2年、キャプテン・アメリカはS.H.I.E.L.D.(シールド)の一員として活動していた。ある日、キャプテン・アメリカとブラック・ウィドウを世界屈指の暗殺者ウィンター・ソルジャーが襲撃。さらにウィンター・ソルジャーの正体は、キャプテン・アメリカの親友で第2次世界大戦で亡くなったバッキー・バーンズで……。

 

傑作と賞賛する声が多く、後のアベンジャーズ/インフィニティウォーなどを手掛けるルッソ兄弟がMCUに参加します。

 

キャッチコピーは「アベンジャーズ 以外、全員敵。」

フェーズ2順番:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/ウィンターソルジャー(2014年)

 

シリアスな前作とは違い、超コミカルな作品です。そして、記念すべきMCU第10作目です。

あらすじ

自らスター・ロードと名乗るトレジャーハンターのピーター・クイル。ピーターは無限の力を持つパワーストーンのオーブを入手するものの、その後逮捕され刑務所にぶち込まれてしまう。ピーターは天才メカニックのロケットら刑務所で出会った仲間と脱獄するも、オーブの力で宇宙を滅亡させようとする強大な悪と戦うこととなり……。

ハッピーな音楽が所々のシーンで流れ、時には笑い、時には泣ける作品です。

マーベル・コミック内では知名度が低かった彼らは、今作で一気に知名度が上がりました。

ガーディアンズシリーズは、他のMCU作品との関わりが比較的に薄いため単品映画としても楽しめます。

キャッチコピーは「宇宙よ。これがヒーローか。」

フェーズ2順番:アベンジャーズ /エイジ・オブ・ウルトロン(2015年)

 

アベンジャーズ シリーズの2作目です。

前作より本格的に活動を開始したアベンジャーズ の活躍が描かれています。

 

あらすじ

人類の危機的状況を何度も打破してきたアイアンマンことトニー・スタークは、平和維持システムとしての人工知能“ウルトロン”を誕生させる。人類を脅威から守るために完成させたウルトロンであったが、平和を脅かす唯一の存在は人類だと結論付け、抹消しようとする。

 

今作からスカーレットウィッチ、アンドロイド・ヴィジョンなどが登場します。

再び集結したアベンジャーズ ですが、やはり集結するだけで胸が熱くなります。

 

キャッチコピーは「愛を知るー全人類に捧ぐ」

フェーズ2順番:アントマン(2015年)

 

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズと同様コミカルな作風です。

 

あらすじ

仕事や人間関係がうまくいかず、頑張ろうとすればするほど空回りしてしまうスコット・ラング。別れた妻が引き取った娘の養育費も用意することができず、人生の崖っぷちに立たされた彼のもとにある仕事が舞い込んでくる。それは肉体をわずか1.5センチに縮小できる特殊なスーツをまとい、正義の味方アントマンになるというものだった。スーツを着用した彼は、ヒーローとして活躍するために過酷なトレーニングを重ねていくが……。

 

マーベルシリーズでもっとも愛らしいヒーローです。この作品でフェーズ2は終了です。

 

キャッチコピーは「身長1.5cmになった男は、ヒーローになれるのか?」

アベンジャーズ 順番:フェーズ3

フェーズ3順番:シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年)

 

分裂したアベンジャーズの戦いです。新しく加わるヒーロー、ブラック・パンサー、スパイダーマンが登場します。

 

あらすじ

アベンジャーズのリーダーとなった、キャプテン・アメリカ。しかし、彼らが世界各地で繰り広げた戦いが甚大な被害を及ぼしたことが問題になる。さらに、それを回避するためにアベンジャーズは国際的政府組織の管理下に置かれ、活動を制限されることに。アイアンマンことトニー・スタークはこの処置に賛成するが、自発的に平和を守るべきだと考えるキャプテン・アメリカはそんな彼に反発。二人のにらみ合いが激化していく中、世界を震撼させるテロ事件が起きてしまう。

今作の結末はインフィニティウォーへとつながります。

キャッチコピーは「友情が、友情を引き裂くー」

フェーズ3順番:ドクター・ストレンジ(2016年)

 

MCU初の魔術師タイプのスーパーヒーローです。

 

あらすじ

ドクター・ストレンジは、天賦の才能を持つ脳外科医として名をはせていたが、ごう慢さが玉にきずだった。彼は地位も名誉もリッチな生活も手に入れていたが、交通事故によって全てをなくしてしまう。神の手と崇拝された両手の機能を取り戻すため、高額な治療を繰り返すが……。

 

魔術・多次元空間を描く美しい映像表現が見どころです。

 

キャッチコピーは「その男、上から目線の天才外科医。すべてを失い、彼は目覚める。」

フェーズ3順番:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年)

 

前作の愉快な音楽・笑・感動が見事にパワーアップした今作。

 

あらすじ

ピーターは“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”のまとめ役として、刑務所で出会ったくせ者たちを率いている。宇宙一荒っぽいアライグマのロケットは、ブツブツ文句を言いながらも小さな相棒ベビー・グルートと共に銀河の平和を守るために奮闘。緑色の肌を持つ美しい暗殺者ガモーラらと共に行動し……。

 

親子愛・家族愛で涙が出る作品です。感動ばかりではなく心が熱くなるアクションシーンや、笑えるシーンが沢山あります。

 

キャッチコピーは「銀河の運命は、彼らのノリに託された」

フェーズ3順番:スパイダーマン:ホームカミング(2017年)

 

スパイダーマンは5作ありますが、映画化の権利はSONYが持っていました。今作からはマーベルスタジオとSONYが連携し、MCUに参戦します。

 

あらすじ

15歳の高校生ピーター・パーカーは、まるで部活動のようなテンションでスパイダーマンとして活動していた。まだ若い彼の才能に気付いたアイアンマンことトニー・スタークは、ピーターを真のヒーローとして育てようとする。スタークに新しいスーツを新調してもらったピーターは、意気揚々と街へ乗り出し……。

 

青春映画の側面を持ち、学生生活とヒーローの間で揺れているピーターがとても可愛いです。

 

キャッチコピーは「僕の物語ーー始まる。」

フェーズ3順番:マイティ・ソー/バトルロワイヤル(2017年)

 

マイティ・ソー完結編となる今作。

 

あらすじ

アベンジャーズのメンバーであるソーの前に、邪悪な敵ヘラが出現する。ヘラはソーの武器ムジョルニアを破壊し、ソーを宇宙の果てへと飛ばしてしまう。とらわれの身となったソーは、脱出を懸けてチャンピオンと対決することになり、彼の前に現れたのは……。

今までのソーシリーズとは異なり、コミカル寄りになっています。アスガルドの王位を継ぐソーの成長を見ることができます。

後のアベンジャーズ /インフィニティ・ウォーに繋がる重要なエピソードです。

キャッチコピーは「新たなヒーロー達の伝説がはじまるー」

フェーズ3順番:ブラックパンサー(2018年)

黒人が主人公の今作。国王とヒーローの顔を持つ男を主人公にしたアクションは見ものです。

あらすじ

アフリカの秘境にあるワカンダで産出される鉱石ヴィブラニウムは、全てを破壊してしまうほどのパワーを持つ。歴代の王は、悪用されないように鉱石の存在を極秘にしていた。若くして王になったティ・チャラは、謎の男エリック・キルモンガーがワカンダに潜入しようとしていることを知り……。

 

キャストや製作スタッフが大半黒人で、アフリカ系のプロフェッショナルが集結しています。サウンドトラックである『ブラックパンサー:ザ・アルバム』では、黒人人気ラッパーのケンドリックラマーが製作・プロデュースしています。

 

キャッチコピーは「国王とヒーロー…2つの顔をもつ男。」

フェーズ3順番:アベンジャーズ /インフィニティ・ウォー(2018年)

今までのアベンジャーズ に加え、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー、スパイダーマン、ドクターストレンジ、ブラックパンサーが参戦します。

 

あらすじ

それぞれ異なるパワーを持つインフィニティ・ストーンが六つそろうと、世界を滅ぼせるほどの力が得られるという。アイアンマン、キャプテン・アメリカ、スパイダーマンらアベンジャーズはほかのヒーローたちと共に、インフィニティ・ストーンを手に入れようとたくらむサノスに立ち向かうが……。

 

今まではマーベルヒーローが手を組み安心感があったが、それを次々と倒すサノスの強さにびっくりします。

 

キャッチコピーは「最強の、終わりへ」

フェーズ3順番:アントマン&ワスプ(2018年)

 

アントマン2作目の今作!女性ヒーローワスプが今作で参戦します。

 

あらすじ

元泥棒で離婚歴もあるアントマンことスコット・ラングはFBIの監視下にあり、最愛の娘ともなかなか会えずにいた。ある日、新型スーツでパワーを手にしたワスプことホープ・ヴァン・ダインと、アントマンスーツの開発者ハンク・ピム博士が彼を訪ねてきてスコットに助けを求める。

 

時系列はインフィニティ・ウォーより前になっています。

 

サイズチェンジアクションが前作より進化し、「アベンジャーズ /エンドゲーム」に繋がる要素があります。

 

キャッチコピーは「このふたり、小さくなるほど、強くなる」

フェーズ3順番:キャプテン・マーベル(2019年)

 

MCU初の単独女性ヒーロー作品です。驚異的な力を持つ主人公が、失った記憶をめぐる戦いに挑みます。

 

あらすじ

1995年、ロサンゼルスのビデオショップに、突然正体不明の女性が空から降ってくる。彼女には驚くべきパワーが備わっていたが、全く覚えていない“記憶”がフラッシュバックすることが悩みだった。その記憶にはある秘密が隠されており、それを狙う敵がいた。彼女は、後にアベンジャーズを結成するニック・フューリーと共に戦いに身を投じることになる。

 

キャプテン・マーベルの無双っぷりが見ていて気持ちいいです!

 

キャッチコピーは「失われた過去、狙われる記憶、与えられた力 私は、私なのか」

 

フェーズ3順番:アベンジャーズ /エンドゲーム(2019年)

 

インフィニティ・ウォーの続編です。

 

あらすじ

アイアンマンらアベンジャーズとサノスが戦った結果、全宇宙の生命は半数になってしまう。宇宙をさまよいながらスーツの開発を続けるアイアンマンをはじめ、生き残ったキャプテン・アメリカやソーらは再び集まり、サノスへの逆襲を始める。

 

フェーズ3の最終作にして、全てのMCU作品のプロデューサーを務めたマーベルスタジオ社長のケビン・ファイギは、今作までの22作品を「インフィニティ・サーガ」と名付けると発表しました。

 

キャッチコピーは「アベンジャーズが終わる」

フェーズ3順番:スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年)

 

MCU版スパイダーマンの2作目です。ホームカミングに続き、トム・ホランドが主人公ピーター・パーカーを演じます。

 

あらすじ

高校生のピーター・パーカーは夏休みを迎え、親友のネッドやMJたちとヨーロッパへ旅行に行く。ところが、ピーターの前にS.H.I.E.L.D.の長官ニック・フューリーが現れ、彼にある任務を与える。

 

エンドゲーム後、混乱しながらも平和な世界で夏休みを満喫しているピーターにまたもや災難が起こります。

 

キャッチコピーは「親愛なる隣人から真のヒーローへ」

アベンジャーズ 順番:フェーズ4

 

フェーズ4はまだまだ情報が少ない状況です。

以下の映画作品はこれから公開予定の映画です。時期変更等もありますので、ご了承ください。

 

フェーズ4順番:ブラック・ウィドウ(2020年11月6日 日米同時公開)

 

主演はもちろんスカーレット・ヨハンソンです。ナターシャの過去や、エンドゲームである決断をした理由がきっと分かります。

フェーズ4順番:エターナルズ (仮題)(2021年2月 米公開)

 

数百年前に地球に来た巨大な種族「セレスティアルズ」が、人類に遺伝子実験を施し生み出した種族「エターナルズ 」と同じ頃に生まれた邪悪な種族「ディヴィアンツ」との戦いを描きます。

 

主演はアンジェリーナ・ジョリーです。

フェーズ4順番:シャン・チー&ザレジェンドオブテンリングス (仮題)(2021年5月 米公開)

 

アジアヒーロー、シャン・チーがMCUに登場します!MCU初のアジア系ヒーローです。コミックスでは1973年に登場しています。

 

そしてアイアンマンシリーズでおなじみのテンリングスが敵として登場します。

 

フェーズ4順番:MCU版スパイダーマン3作目(タイトル未定)(2021年7月 米公開)

 

マーベル・シネマティック・ユニバースからの離脱が報じられたスパイダーマンですが、第3作目制作決定しています!

 

ヴェノムなどが登場するソニーユニバースにも登場するとのことです。気になりますね。

フェーズ4順番:ドクターストレンジ インザマルチバースオブマッドネス(仮題)(2021年11月 米公開)

 

主演のベネディクト・カンパーバッチが続役の今作です。

PG-13になるらしいので、「MCU初の怖い作品」になる可能性があります。

 

魔術師ストレンジとサイコキネシス使いのワンダが組み合わさります。

そして、最初のスパイダーマンシリーズを手がけたサム・ライミが監督として就任します。

フェーズ4順番:ソー ラブ&サンダー(仮題)(2022年2月 米公開)

 

フェーズ4ラストになる予定の今作です。

 

ソーシリーズのヒロイン、ナタリー・ポートマン演じるジェーン・フォスターがシリーズに復帰することが発表されました。

さらに、女性版ソーになることも発表されています。

どうなるか予想がつきませんが、ソー役のクリス・ヘムズワース、ヴァルキリー役のテッサ・トンプソンも続役です。

 

監督はバトルロイヤルのタイカ・ワイティティです。

フェーズ4順番:ブラックパンサー2(仮題)(2022年5月 米公開)

 

主演のチャドウィック・ボーズマンほか、ナキア役ルピタ・ニョンゴ、シュリ役レティーシャ・ライト、オコエ役ダナイ・グリラなど前作のキャスト、脚本・監督のライアン・グーグラーも続役が決定しています。

 

今作からフェーズ5に入るとも言われています。

 

本作のタイトルも決まっている様ですが、作品の詳細は明らかになっていません。

フェーズ4順番:キャプテン・マーベル2(仮題)(2022年7月8日 米公開)

 

主演のブリー・ラーソンの続役は決定しています。

前作を手がけたアンナ・ボーデン、ライアン・フレックは続編には参加せず、新たな女性監督が登板する予定です。

 

こちらもフェーズ5の予定です。

フェーズ4順番:ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーVol.3(仮題)(公開日未定)

 

シリーズ完結編と言われています。しかしこの作品はまだ撮影もされておらず、詳細は分かりません。

 

2018年7月に脚本も完成し、撮影開始直前にジェームズ・ガン監督が過去の不祥事で降板になってしまいました。しかし、キャストやファンなどの大規模な署名運動により、 2019年3月に電撃復帰しました!

アベンジャーズを時系列順で視聴するとどの順番?

アベンジャーズ作品は公開順と時系列が一緒なわけではありません。

例えば、2019年に公開されたキャプテンマーベルなどはアイアンマンよりも時系列は前のものとなっています。

もし、時系列順にマーベル作品、アベンジャーズを視聴したい方は以下の順番で視聴することをおすすめします。

マーベル・アベンジャーズ 時系列順
  1. キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー
  2. エージェント・カーター(シーズン1〜2)
  3. キャプテン・マーベルアイアンマン
  4. インクレディブル・ハルク
  5. アイアンマン2
  6. マイティー・ソー
  7. アベンジャーズ
  8. アイアンマン3
  9. エージェント・オブ・シールド(シーズン1)
  10. マイティー・ソー/ダーク・ワールド
  11. キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー
  12. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
  13. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/リミックス
  14. エージェント・オブ・シールド(シーズン2)
  15. アベンジャーズ/エイジ・オブウルトロン
  16. アントマン
  17. エージェント・オブ・シールド(シーズン3前半)
  18. シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
  19. エージェント・オブ・シールド(シーズン3後半)
  20. スパイーダマン/ホーム・カミング
  21. ドクター・ストレンジ
  22. ブラック・パンサー
  23. エージェント・オブ・シールド(シーズン4)
  24. マイティ・ソー/バトルロイヤル
  25. アベンジャーズ/インフィニティー・ウォー
  26. アントマン&ワスプ
  27. アベンジャーズ /エンド・ゲーム
  28. スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム

以上が時系列順です。

この順番で見れば、MCU世界の時代背景の移り変わりが時系列順になり、見やすいです!

 

 

*当ページの情報は2020年6月時点のものです。最新の動画配信サービスの配信状況等はそれぞれの公式サイトにてご確認ください。