コラム

【テニス心理学】ポジティブとネガティブ

こんばんは!

Tennis everyのイマイです!
今回は初めて記事を書かせていただきます!皆さんに楽しんでいただき、アッと驚けるような記事をドシドシ生み出していきたいと思っているので、よろしくお願いします!

最近、寒暖差が激しくて体調を崩してしまう人が多いようですが、みなさんは大丈夫ですか?僕は最近スーツをよく着ていたのですが、突然寒くてブルブルしたり、はたまた熱くなって汗をだらだらかいてしまったり、、、、大変でした(泣)皆さんも体調には気を付けてくださいね!

今日はテニスに関わらず、すべての物事に対して活用できる「ポジティブシンキング・ネガティブシンキング」について書いていこうと思います。

ポジティブシンキング・ネガティブシンキングとは?

 

 

 

 

みなさんはこのコップの水をどのように感じますか?
「多いなぁ」と感じる人もいれば、「少ないなぁ」と思う人も!実はこれにポジティブとネガティブの違いが表れているんです!!

結論から述べます。この二つの違いは、「物事の捉え方」です!「コップに残っている水の量」という決して変わることのない事実に対して、それぞれの人がイメージを構築し、コップの水を認識しているのです!

無意識レベルの思考

実はこういった思考や捉え方は、意識的にしているものではありません。無意識的に、自身の習慣や癖というフィルターを通しこれらを認識しています。なので、本当に捉え方を変えたいと思うならば、長く時間をかけ、癖や習慣のレベルで自身を変化させていく必要があります!!

実際には?

よく、様々な状況下で「ポジティブに!」と言われることが多いと思います。ですが、ポジティブなイメージをもつことが良いことなのでしょうか?

私は違うと思います。悩んだり、悔しかったり、緊張したり、、、テニスには辛いと感じる部分がたくさんあります。そこで、ポジティブに捉えて実力を発揮できる人もいれば、ネガティブに捉えて実力を発揮できる人もいるのです!!なので、もしあなたがメンタル面での成長を必要と感じているのであれば、自分のポジティブとネガティブの境界線に加え、自分が実力を発揮できるメンタルを見極める必要があります!!

おすすめポジティブシンキング!

そんな中で、多くの人が活用できるポジティブさについて書かせていただきたいと思います!

テニスでは、悩んだり、緊張したりすることは沢山あるでしょう。そして逃げ出したくなってしまうことも、、、ただそこで、気が付いていただきたいのです!真剣に悩み、苦しむということは、それだけ本気になって取り組んでいるということなのです!!!きっと同じ状況になった時に諦めてしまう人もいる中で、あなたは一生懸命立ち向かっているんです!

そんな姿になれる自分を、褒めてあげてください。きっとそんな状況に陥った時に、一番簡単で楽な解決方法は、「あきらめること」なんじゃないかなって思います。

失敗も成功も良いこと!

よく失敗は悪いことで、成功は良いことと捉えられることが多いですね。それこそ子供のころから正解を求め、成功することを目指してきたことが影響していると思います。しかし、失敗は本当に悪いことなのでしょうか?きっと、一番寂しい選択は「何もしないこと」であると思います。

悩み、苦しみ、それでもあきらめずに頑張っている姿は、それだけで素晴らしいことなのではないのでしょうか。

終わりに

現在、テニスで悩み、ネガティブに陥ってしまっている方はきっとたくさんいることでしょう。しかし、真剣に悩み、諦めないその姿勢自体が、きっとあなたを不安や悲しみから解放してくれる素晴らしい部分であると思います。ぜひ、自分を褒めてあげられるような人を目指していきましょう!!

※アイキャッチ画像は以下から引用
Jcomp – jp.freepik.com によって作成された line 写真

ABOUT ME
今井 毅
今井 毅
こんにちは! テニス大好き大学4年生の今井です! テニスの大会にも参加しながら、毎日テニスのことばかり考えています! 僕はメンタルの難しさに悩んでいる人に、少しでもその悩みがスカッとなれるような投稿を目指します! よろしくお願いします!