コラム

【決戦】ウィンブルドンベスト4決め!!フェデラーvs.錦織圭!!!

こんにちは!みなさんウィンブルドン見ていますか!?僕は最近テスト勉強が忙しくてあまり見られていません・・・しかし誰が勝ったか、等の情報には常にアンテナを張っています。先日出した、

【保存版】2019年男子テニスウィンブルドンを大特集!

では、イズナーが錦織圭の前に立ちはだかるかなーと予想していたのですが、ダークホースの選手ククシュキンに破れてしまいましたね。。球が滑るサーフェスである芝のコートでは、ククシュキンが打つフラット気味の球は全然跳ねません。【ビッグサーバー】ジョン・イズナーに刮目せよ!!

でも書きましたが、身長が高すぎると低い球を取るのに膝を曲げないといけないため、体力が削られてパフォーマンスが落ちてしまいます。イズナーにとっては部の悪い相手でしたね。

しかし!そんなククシュキンに我らが錦織圭、セットカウント3−1で勝ちました!!そして次なる相手は皆様ご存知のように・・

フェデラーです。BIG4の一角ですね。(ナダルとジョコビッチとマレー、フェデラー)

フェデラーおじさん強すぎ。。。37歳でこのパフォーマンスって最強でしょ。引退もまだまだですな。今回はどちらが勝つのでしょうか。私ゴチケルの見解を書いてみました。(ユニクロ対決ですね笑)

過去の戦績は?

過去の戦績は、

錦織 3ー7 フェデラー

となっています。これまで決して全く歯が立たないわけではなかったのですね。今回錦織圭が勝つ可能性も十分にあります。なんせ今回は多くのメディアが口を揃えて言うように、「省エネ」でベスト8まで来ていますからね。可能性は十分にあると思います!

むしろ番狂わせが多かった今回のウィンブルドンで、当たり前のようにこれまで1セットしか落とさずにベスト8まで残っているってすごすぎません?(どんな番狂わせがあったかはこちらでご覧いただけます)

錦織の勝利へのカギ

今回私ゴチケルが考える、錦織がフェデラーを撃破しベスト4まで進出できるかどうかのカギは、

フェデラーの戦略的なネットプレーをいかに凌げるか、

そしてストロークでいかに早くウィナーを取れるかだと考えております。

①ですが、フェデラーvs.ベレッディーニ戦をみていて、いつもより気持ちネットについて相手の逆を突くボレーが多いように感じました。フェデラーも37歳で昔よりも体力は確実に落ちています。なので早い展開でなるべく試合を長引かせないように心がけているのでしょうね。ここに錦織のフェデラー攻略の鍵があると思います。長期戦は錦織の得意分野です。今は錦織のメンタルが安定していますからね。

次に②についてです。①とも関連してくるのですが、フェデラーは浅い球を打つと間髪入れずアプローチショットをエグいところに打ってネット前に出てきます。そのため、いかに錦織が深いところにボールを打てるかが勝利のカギとなるでしょう。ボールを深いところに打って、プレッシャーをかける。話はそこからです。ネット前に出る、ウィナーを決める。フェデラー相手に守っているだけでは絶対勝てませんよね。積極的に攻めて欲しいです。

みんなの予想

さて、昨日私ゴチケルはツイッターでみなさんに錦織vs.フェデラー、どちらが勝つか予測してもらいました!解凍していただいた皆様、ありがとうございました。。

結果は、、、

錦織が勝つ!と予想している方が65パーセント、フェデラーが勝つ!と予想している方が35パーセントと、今回は錦織圭がくるんじゃないかと感じている方が全体の約3分の2を占めています。

これまでのグランドスラムでは、正直私ゴチケルも次フェデラーかー、、、まあベスト8って普通に考えて好成績すぎる!錦織よく頑張った!!!と考えてしまっていましたが、今回は本気で勝てると感じております。

錦織圭とフェデラーが使っているラケットはこちら!

【テニスラケット】2019年、錦織圭が使用しているラケットは?特徴まとめ!

【ラケット】ロジャー・フェデラーが使用してるラケットって?特徴まとめ!

まとめ

いかがでしょうか。胸が高鳴るこの試合、リアルタイムで選手と共有できるのはとても光栄なことですよね。早く帰ってWOWOW見てー!!!正直NHKダメですよねw。WOWOWだったら生中継だから感動も違います。。。。。今までNHKで見ていたのですが、、WOWOWまじで神。ほんとテニスの試合見たいって方にはオススメです!!!!

【まとめ】テニス用グリップテープのオススメまとめ【保存版】こんにちは! テニスを始めようと思っている方から部活でテニスをやっていたり、テニス上級者の人も一度は 「グリップってどれが良いの...
ABOUT ME
ゴチケル
ゴチケル
こんにちは!編集者のゴチケルです!テニスと休日のおでかけが大好きです。自分が興味を持ったものはジャンル問わず、すぐに書く!をモットーにしています。