コラム

【テニス心理学】ミスに対する捉え方!

こんばんは!
Tennis Everyのイマイです!

今回は「ミスに対する捉え方」について記事を書いていきます!!
みなさんは、相手がミスをした時にどのように考えますか?実は、この相手のミスに対する捉え方次第で、その後の試合状況が変化してくることも、、、相手の苦手を突くプレーを可能にするために、ぜひこの記事がお役に立てれば幸いです!!

よくある相手のミスに対する捉え方

みなさんは、現状で相手のミスに対してどのように感じていますか?このような方が多いのではないでしょうか?

「ラッキー!ミスしてくれた!!」

実は私もこのように考えてしまうことが多いです、、しかし、この捉え方はこの後のプレーに悪い影響を与えかねません!!理由は二つあります!!

1、相手主導の試合になってしまっている!!

「相手がたまたまミスしてくれた!」と考えてしまうと、やはりなんとなく相手が試合の主導権を握っているようなイメージになってしまいます、、これだと、自信をもってプレーができなくなってしまいます、、、

2、相手の分析ができない!!

この捉え方だと、相手の分析が難しくなっていきます!なぜなら、相手のミスはたまたま相手がしてくれたラッキーなミスとして考えてしまうからです!試合で相手を分析していくためには、1回のミスであったとしても、注意して捉えていくことが大切です!!

相手のミスに対するおすすめの捉え方

そこで、相手を分析するためにも必要な、相手のミスに対する捉え方をお伝えしたと思います!この考え方を習慣化できると、きっと相手のミスをよりポジティブに捉えることができ、分析も可能になります!!

その捉え方とは、、、

「ミスをさせた!!」

です!!このように考えることができると、良い点が二つあります!!

1、自分自身が試合の主導権を握っている感覚を持てる

これはとても大切です!!特に、格上と戦う時にはこのイメージがとても大切になってきます!なので、相手のちょっとしたミスも、「自分がミスをさせたんだ」と考えることで、よりポジティブに自信をもってプレーができます!!

2、相手の分析ができる

たかがミス、されどミスです!ミスをしてくれるということは、そこが苦手な可能性も高いのです!なので相手の何気ないミスも観察し、それをもとに分析していくことがとても大切になります!!

まとめ

今回は、試合中のミスの捉え方について記事を書きました!!ぜひ相手の苦手を分析し、試合を優位に進めるためにも、「ミスをさせた」という自分主導のイメージでプレーをしてみてください!!そして、この考え方を無意識の中でもできるように、意識的に反復練習をしていきましょう!!

※アイキャッチ画像は以下から引用
Jcomp – jp.freepik.com によって作成された line 写真

ABOUT ME
今井 毅
今井 毅
こんにちは! テニス大好き大学4年生の今井です! テニスの大会にも参加しながら、毎日テニスのことばかり考えています! 僕はメンタルの難しさに悩んでいる人に、少しでもその悩みがスカッとなれるような投稿を目指します! よろしくお願いします!